大麦の自動給餌システム

Project説明

これは、オーガベースの自動猫フィーダです。キャットフードの数ポンドオーガ上記リザーバ内に格納されており、フィーダが自動的に午前中および夕方の食品の1/4カップを分配するようにプログラムされている。

著者は、我々は大麦の名前甘い黒いキティを採用した。非常にすぐ後に、彼らは一日二回キャットフードを分配するだろう自動送り装置を構築することを決めた。

フィーダーの主な機能は次のとおりです。

自動的に一日二回のドライキャットフードの正確な量を分配する
食品分配プロセスを監視するカメラを有する
彼がになっていたとき、猫が食べたことを確認するために、ウェブカメラフィードを見ることが私たちを可能にするWebインタフェースが含まれています
フィーダーのタイマーとモータ構成の直接的な制御を提供する独立したウェブインターフェース

cat_feeder

 

フィーダの後部には、すべての電子機器が含まれています。これらは、留め金で固定されているプレキシガラスのドアにより保護されています。

cat_feeder_rear

細かいは、以下のリンクを参照してください。

https://sites.google.com/site/barleycat1/

 

Tags : 11/2013, Arduino, Ethernet Shield, Remote control, W5100

Advertisements

답글 남기기

아래 항목을 채우거나 오른쪽 아이콘 중 하나를 클릭하여 로그 인 하세요:

WordPress.com 로고

WordPress.com의 계정을 사용하여 댓글을 남깁니다. 로그아웃 /  변경 )

Google+ photo

Google+의 계정을 사용하여 댓글을 남깁니다. 로그아웃 /  변경 )

Twitter 사진

Twitter의 계정을 사용하여 댓글을 남깁니다. 로그아웃 /  변경 )

Facebook 사진

Facebook의 계정을 사용하여 댓글을 남깁니다. 로그아웃 /  변경 )

%s에 연결하는 중